w w w w w w
TOP
ホームページ 右
手焼きせんべい直販 風林堂 メール
商品リスト
◆ギフト BOX
◆オリジナル
   「さがみ八撰」
◆おせんべいに印刷
 「ぷりんたぶるせんべい」
ご案内
◆はじめにご覧ください
◆お買い物の詳細
◆送料
◆個人情報について
SHOP
◆工場・直売店
アラカルト
◆相模原の民話
◆お仙ばあさんのはなし
◆お米からお煎餅まで
◆Q&A
◆PoPダウンロード
◆リンク
お問い合わせ
 神奈川県相模原市南区
  下溝536-24
 TEL 042-777-4501
 

Copyright(C)
2003−2010
FurindohLtd
Reserved

 
 
 



おせんべいの分類、保存方法、食品の品質表示から裏ワザまで、
よく聞かれる質問をまとめてみました。

Q:せんべいには色々な種類がありますが・・
A: 本来の「せんべい」は和菓子の分類で、干菓子の中の焼き菓子の一種を指します。小麦粉またはウルチ米粉を主原料として型に入れて焼くか、型に抜いてから薄く焼いたものの総称です。古く平安時代から伝わり、小麦粉を主原料にするものが唐菓子以来の系統を引き継ぐものです。通常関西では主に小麦粉を主体の甘味のある薄い板状のものを指し、関東ではそれに米菓に分類される「塩せんべい」を含めることが多いようです。   
Q:米菓・あられ・おかき・塩せんべいの使い分けを教えて。
A:「米菓」は米を主原料に、焼くか揚げた物に塩分で味付けしたお菓子を総称した呼び方です。うるち米で作ったものを「せんべい」「塩せんべい」、もち米で作ったものを関東では「あられ」関西では「おかき」「かき餅」と呼ぶことが多いようです。現在呼称についてはあまり厳密ではなくその使い分けはあいまいになっているようです。  
Q:塩せんべい、草加せんべいの起源。
A:農家がうるち米の余り粉を蒸してこね、平たく伸ばして型ぬきし、塩味に焼き、間食に食べられていたのが塩せんべいの起源と見られています。その後、これに醤油をつけて焼くようになったのは文化・文政年間(1804〜1830)頃で、やがてこの製法により一段と風味が良くなったため需要が高まり、商売として成り立つようになりました。特に奥州街道・日光街道の合流点埼玉県草加あたりで、草加せんべいとして評判になっていったとのことです。これにさかのぼる寛永年間(1624〜1644)、草加松原のお仙ばあさんが起源という説もありますが、こちらは言い伝え話のようです。  
Q:保存方法について。
A:もともと保存食として発達してきた経緯から、ご家庭での保存においてカビや腐敗に対しての神経を使う必要はありません。うるち米・もち米を主原料に乾燥させたタイプの米菓は、梅雨時から夏季にかけての湿度の高い時期は、乾燥状態を保ち食感を落とさないために、密封度を高くしていただく必要があります。 最近、醤油ダレを乾かさずに半生状態で販売されている米菓もありますが、こちらは醤油の水分を残していますので、 カビが発生する可能性があり、開封後はなるべく早くお食べいただくのが良いようです。  
  以下、製作中です。